【仕事術】新入社員が「教わり上手」になる7つのポイント -確認編-

この記事は、以前ご紹介した新入社員向けに書いた「教わり上手」になる7つのポイントの確認編をご紹介します。まだ見ていないという方は、下記の記事から参照できます。

【仕事術】新入社員が「教わり上手」になる7つのポイント -前書き-
こんにちは。管理者のハイドロです。 この記事は、新入社員の人たちに向けた「教わり上手」になるための7つのポイントをご紹介します。私の職種がWebエンジニアなので、IT現場でのポイントになると思いますので、他の職種で使えるかは分...
【仕事術】新入社員が「教わり上手」になる7つのポイント -準備編-
こんにちは。管理者のハイドロです。 この記事では、以前の記事でご紹介した新入社員向けに書いた「教わり上手」になる7つのポイントの準備編となります。観ていないという方は、下記の記事から参照できます。 まず、以前ご紹...
【仕事術】新入社員が「教わり上手」になる7つのポイント -本番編-
こんにちは。管理者のハイドロです。 この記事では、以前ご紹介した新入社員向けに書いた「教わり上手」になる7つのポイントの本番編をご紹介します。観ていないという方は、下記の記事から参照できます。 まず、以前...

まず、以前ご紹介した教わり上手になる7つのポイントのおさらいをしましょう。

  1. 軽くアポを取る
  2. 教わりたいことを箇条書きする
  3. 絵や図を描く
  4. 目的や背景を伝える
  5. 単語をメモやノートに書き留める
  6. ひとまず同意する
  7. 自分の言葉に置き換える

今回は、確認編ということで「自分の言葉に置き換える」の実践方法をご紹介します。

スポンサーリンク

自分の言葉に置き換える

教える立場の人は、教えた内容を理解してもらえているかどうかが気になるものです。一通り教わった後に「分かりました。ありがとうございます。」と告げて席に戻るだけでは不十分です。このとき、教わった内容を「自分の言葉に置き換えて」に相手に理解しているかどうかを伝えるという方法を実践してみましょう。

実は、この方法は教わる立場の人にも利点があります。教わった内容を理解したつもりでも、自分の言葉に置き換えようとすると、うまくできない場合は意外と多いです。理解が完璧ではなかったことを確認できます。また、1度説明する作業によって自分の理解度が深まり、教わった内容を忘れにくくなります。

文書化してチームの知識を底上げ

自分の言葉に置き換える方法を身につけた人は、習得した知識をチームや同僚と共有するように意識すると良いでしょう。例えば、教わった人が内容を文書化し、イントラネットで共有すれば文章を閲覧したチーム全員の知識を底上げすることが可能だからです。

番外編 相手が興味を持っていることを教わろう

最近、私が上司に教わる時に心がけていることが1つあります。それは、自分が教わりたいことを相手に聞く前に、相手が興味を持っている内容を教えてもらうことです。

教わる対象は、大きく分けて3つの要素になります。1つ目は、情報です。ネットや本で調べても分からなかった詳細情報です。2つ目が、ソフトウェアの使い方や資料の内容確認などです。3つ目は、相手の見解や考え方です。その人だからこそ決められる業務上の優先順位などが、これに該当します。

これら3つの要素のうち、1つ目と2つ目を教える時間は、一般に教える側にとってあまり楽しいものではありません。知識を習得する時間の効率化には役立ちますが、相手は「調べればわかるのに」「時間を奪われている」といった感覚を持ちます。従って1つ目と2つ目の要素ばかり教えて欲しいと求めると、相手に嫌われるかもしれません。教える側の気持ちも考えることが大切です。

例えば、好きなことや興味を持つことに割く時間は、誰でもあっという間に過ぎていきます。つまり、相手が興味を持つことについて教えを請うと、喜んで教えてもらえる可能性が高まります。しかも興味がある分野には、一家言を持っているので、「最新技術について、普及の可能性をどう考えていますか」といった具合に、あえて広めの質問をして見解を求めると、相手は熱心に答えてくれます。

このような内容を教わっても、業務に直結しないと思われるかもしれません。しかし、こうしたコミュニケーションを積み重ねておけば、相手との関係性ができ、あなたが知りたいテーマも教わりやすくなります。また、考え方を知ることで相手に対する興味が高まります。それによって、熱心に教わる姿勢を身につくはずです。

今回で、「教わり上手」になる7つのポイントの紹介は終わりです。7つのポイントを身につけることで、きっと今より仕事の進み捗ると思います。