Elastic IPアドレスを使ってIPアドレスを固定化する【AWS】

この記事は約3分で読めます。

EC2インスタンスのパブリックIPアドレスは、起動・停止する度に別のIPアドレスが割り当てれます。

運用面としてIPアドレスが変わると不便なので、Elastic IPアドレスを使ってIPアドレスを固定化していきます。

スポンサーリンク

Elastic IPアドレス

インターネット経由でアクセス可能な固定グローバルIPアドレスを取得でき、EC2インスタンスに付与できるサービス。付与したEC2インスタンスを削除するまでは、設定したIPアドレスを使用できます。

また、EC2インスタンスに関連付けられて起動中であれば無料ですが、そうでなければ課金されるので、使用しないときは必ずIPアドレスを解放しましょう。

Elastic IPの料金についてはこちらをご参照ください。

Elastic IPの割り当て

Elastic IPの割り当ての操作方法は以下のようになります。

EC2ダッシュボード画面のナビゲーションペインから「Elastic IP」をクリックします。

次に「Elastic IPアドレスの割り当て」ボタンをクリックします。

「割り当て」ボタンをクリックします。

これで新しいIPアドレスを確保することができたので、次にEC2インスタンスに割り当てていきます。

アラートメッセージの「このElastic IPアドレスを関連付ける」または「アクション」から”Elastic IP アドレスの関連付け”をクリックします。

「リソースタイプ」は”インスタンス”を選択し、Elastic IPアドレスを関連付けさせたいEC2インスタンスを選択します。

「プライベートIPアドレス」オプションは、Elastic IPアドレスを関連付けるプライベートIPアドレスを指定しましょう。

「再関連付け」オプションは、既にElastic IPアドレスが関連付けられている時のオプションのため、今回はチェックなしで大丈夫です。

関連付けの設定が終わったら「関連付ける」ボタンをクリックします。

IPアドレスの割り当てが成功したら、ブラウザのURL欄に割り振られたIPアドレスを貼り付けてみましょう。

Webサーバにリクエスト送信が成功している場合、ページが表示されます。(筆者の場合、Nginxのwelcomeページでした。)

Webサーバのインストールに関しては、下記の記事を参考にどうぞ。

Elastic IPの解放

Elastic IPアドレスが不要になった際は、時間単位で料金が発生するので必ず開放するようにしましょう。

解放のやり方は以下のようになります。

EC2ダッシュボード画面のナビゲーションペインから「Elastic IP」をクリックします。

解放したいIPアドレスにチェックを入れ「アクション」から”Elastic IPアドレスの解放”をクリックします。

モーダルウィンドウが表示するので「解放」ボタンをクリックします。

コメント