誰でも出来る!GitHubアカウントの作成方法

「GitHub」とは、Gitを利用したプログラムソースなどのバージョン管理を行うWebサービスです。エンジニアにとっては当たり前のサービスですが、最近はデザイナーなどエンジニア以外の方もGitHubを利用することが増えてきていると思います。そこで、改めてGitHubのアカウント作成方法をまとめておこうと思い、書き綴っています。

※コンピュータ上で変更したプログラムソースなどのファイルを記録し、変更履歴を管理する分散型のバージョン管理システム

スポンサーリンク

GitHub公式サイトへアクセス

まずは、GitHubの公式サイト(https://github.com/)にアクセスします。アクセスすると、下図のようなページが表示されます。

アカウント作成

右側の入力フォームにアカウント作成に必要な情報を入力します。

  • username:任意のユーザ名※1
  • Email:メールアドレス
  • Password:パスワード※2

※1 ハイフン(-)は利用できますが、アンダースコア(_)を入力するとエラーになります。

※2 英数字7文字以上かつ英字・数字がそれぞれ1文字以上使う必要があります。

必要な情報を入力したら、「Sign up for GitHub」ボタンをクリックします。

アカウント初期設定

無償/有償プランの設定

アカウント作成後、プラン設定画面に遷移します。

ソースコード等を公開して利用する場合は、「Unlimited public repositories for free.」の無償プランを選択します。

ソースコード等を非公開にして利用する場合は、Unlimited private repositories for $7/month.の有償プランを選択します。

有償プランを選択した場合は、クレジットカードかPayPal accountどちらかの支払情報を入力する必要があります。(View in JPY)をクリックすると日本円レートが表示されます。

どちらかのプランを選択後、「Continue」ボタンをクリックします。

GitHubのアンケート

プラン設定後、ご自身のプログラミングレベルやGitHubの利用用途などをチェックするアンケート画面が表示されます。アンケートは、画面下に「skip this step」をクリックするとアンケートを省略することができます。

ちなみに、アンケート内容はこんな感じです。質問内容の英文を軽く翻訳しておきました。

Q.How would you describe your level of programming experience?

和訳:あなたは、どれくらいプログラミング経験あるの?

Q.What do you plan to use GitHub for?(check all that apply)

和訳:どういった理由でGitHubを利用しますか、以下の中から全て選んでください。

Q.Which is closest to how you would describe yourself?

和訳:あなたは何者ですか?

登録完了

登録したメールアドレス宛にGitHubから登録認証メールが届きます。

(件名:[GitHub]Please verify your email address)

メール本文内にある「Verify email address」をクリックすることで登録完了となります。登録完了後、下図のような登録完了メールが届きます。

これで、GitHubアカウント作成は完了です。

さぁ、今日からあなたも素敵なGitHubライフはじめましょう。